FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のキャリアのために能力を養いたい、ボランティアに熱意のある方に、青年海外協力隊のススメ。 

大卒から5年以内で就職活動経験のある従業員500名を対象にした、
トレンド総研が行った調査結果によると、
「今後のキャリアのために身に付けたい能力」として、
コミュニケーション能力(44.6%)語学能力(44.4%)、働きかけ力(37.0%)、主体性(36.8%)、異文化適応力(33.8%)
重要であると考えられていることが分かったそうです。

また、3か月以上の海外ボランティア経験者300名を対象にした調査では、
「海外ボランティアを経験したことで身に付いたと感じる能力」として、
コミュニケーション能力(75.5%)異文化適応力(74.5%)語学能力(53.2%)が挙げられました。

二つの調査を照らし合わせると、海外ボランティアで得られることが、
今後のキャリアのために身に付けたい能力と近いことがわかります。


JICA 青年海外協力隊・シニア海外ボランティア

青年海外協力隊・シニア海外ボランティアの応募受付 4/1から開始され、5月13日(月)まで応募受付を実施しています。
それに伴い、全国各地で海外ボランティアについてよくわかる「体験談&説明会」が、3/24~5/11まで開催されています。既に、お近くの会場が終わっていている方には、ウェブサイトにある、15分程の「バーチャル説明会」が参考になると思います。青年海外協力隊シニア海外ボランティアの事業概要・募集要項から、応募から派遣までの流れ、活動分野についてを、資料を見ながら動画でお話を聞けるので、分かりやすかったです。

JICAボランティアの活動は自発的参加の精神が基本ですが、
受け入れ国での活動をスムーズで効果的なものとするために、
現地での生活費・住居費や日本との往復渡航費などの費用について、
支援を受けられるということです。

合格者は、70日間の派遣前訓練を受けてから派遣されるそうです。170時間以上の言語の語学講座を中心に、受入国についての講座や、安全対策、健康管理についての講座を受けて、準備をするそうです。
また、受入国のJICA事務所には、安心・安全にボランティア活動できるように、サポートするスタッフが常駐し、健康に関する相談や傷病発生時の対応や情報を提供してくれる、看護師の資格を持った日本人の在外健康管理員がいるということも説明がありました。必要に応じて、医療体制が整った国や年に緊急移送してくれる体制も整っているそうです。

はじめに触れた調査で、今後のキャリアのために身に付けたい能力が、海外ボランティア活動で得られたことに近いということに関連して、JICAでは、現職を辞することなく、所属先の身分を残したまま参加できる現職参加」を促進しているそうです。興味はあっても、仕事を辞められないという方でも参加できる道があるということです。人件費の補てんなどの制度があるということなので、事前に勤務先との相談をしてほしいとのことでした。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの情報です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1232-be68d266

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。