FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇のこと何も知らなかった、ベルサイユのばらの印象が強すぎた。 

宝塚歌劇団と聞けば、花・月・雪・星・宙の組があって、
華やかな衣装、バッチリのメイク、独特な発声・歌唱、
大階段が印象的です。それと「すみれの花咲く頃」。
この歌は、テレビでも聴くことがあるので知っています。

男役の方たちの立ち居振る舞いが様になっていて、
見た目からしてとても王子様で、カッコいいので、
女性がうっとりしてしまうのも頷けます。
現実とは違う別の世界、それこそ独特の宝塚の世界には、
引きつけられるものがあるのだと思います。

実際には見たことはありませんが、
「ベルサイユのばら」を公演しているのは知っています。
しかし、他にはどんな舞台をしているのでしょうか、不思議に思います。

公演情報をチェックしてみると、
「ブラックジャック」や「JIN-仁-」など、聞いたことのあるものを
公演しているのに驚きました。そういえば、「ベルサイユのばら」もですね。
元々あるものを宝塚のカラーに染めているのだと気づきました。
「ベルサイユのバラ」は、宝塚劇団の作品という強いイメージがありますが、
ブラックジャックを宝塚で、JIN-仁-を宝塚で、どのようになっているのか、気になっています。観てみたいです。

チケット(宝塚歌劇団公演チケット)

宝塚歌劇団 チケットは、チケットぴあ等で購入できますが、利用しやすいところで、セブンネットショッピングでも購入できるのを確認しました。
セブンネットショッピングで購入すると、自宅への郵送だけでなく普段利用しているセブンイレブン店舗でも受け取れるので便利だと思いました。店舗を利用すれば購入代金の支払いと同時にチケットを受け取れます。これ、意外と取引が楽なのではないかと思いました。

宝塚歌劇は、兵庫だけでなく東京有楽町にも劇場があるんですね。
東京なら観に行きやすいです。
東京宝塚劇場の年明けの公演は、宝塚 星組の「宝塚ジャポニズム~序破急~」、「めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~」、 「Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)」 だそうです。

宝塚歌劇、男一人で行くのは、勇気が要りますね。
勇気が足りないので、女性と一緒に行きたいと思います。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの情報です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1226-4c933747

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。