FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男らしさに憧れた小林旭の名曲、自動車ショー歌が、ガーリーになっちゃった 

先日、テレビの歌番組で、小林旭さんの歌う姿を見て、
歌の巧さと、これぞ芸能人という存在感に圧倒されました。
どっしりした体格から、これが男のあるべき姿なのではないだろうか。
女性が求める包容力というものは、こういった男らしさなのではないだろうかと思い、一種、憧れのような思いも芽生えました。
男らしくありたいです。

さて、これよりはるか前の中学生の時、
まだ男らしさなど意識せず自由に生きていた頃ですが、
面白い歌があると友人から教えてもらったことがあります。
歌詞に、車の名前がたくさん入っている「自動車ショー歌」という曲です。

初めて聴いた時は、大爆笑しました。
ところどころ、意味がハマってるようなハマってないような、
ハマってるんだけど気づけていないのか、
何やら不思議な言葉遊びを聴いてるようで、
意味が通らなくても面白かったです。

「自動車ショー歌」を知ってから幾年も経った後に、
こうして小林旭さんに繋がるとは思いもしませんでした。
かつては歌に爆笑していたのに、今では歌う本人に憧れている。
おもしろい流れだと思います。

「Coba-UのDrive Heart~自動車ショー歌 2012~」

時代は流れ、自動車ショー歌もまた、現代につながっています。
SNS上で人気のある女性シンガー、Coba-Uにより、48年ぶりに復活しました。
エレクトロポップレゲエ調にリメイクされた「Coba-UのDrive Heart~自動車ショー歌 2012~」は、可愛らしい仕上がりになっていますが、
かつての曲の面影がしっかり残っています。
聴いてると、小林旭さん独特の歌声が脳内に再生され、
このギャップがまた、とても面白かったです。

歌詞もまた変わっています。
現代の人気車種でアレンジされ、
歌詞の内容も女性視点に変わっているわけですが、
かつての曲よりも自然に聴けました。
というのも、自然と覚えてしまいそうなくらい、
車種名がうまく歌詞にハマり過ぎているんです。
ここは感心したところなんですが、
歌詞の可愛らしさにも、惹かれました。
こんなに可愛いことを女性は思っているんでしょうか、
私は、こういう可愛い部分を残した女性に惹かれます。
こんな女性と、この曲、流しながら、ドライブできたらなんて、
思ってしまいましたよ。

それと、忘れちゃいけないのが、これです。

デリカわたしをとめデミオ

ダジャレに、クスッと一笑い。

自動車ショー歌は、聴いて面白いというのも、
無ければいけない要素ですよね。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからお知らせをいただきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1212-0d0d50bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。