FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏にピッタリ、冷たいものにもしっかり溶ける「果糖」 


冷たいものを飲みたくなる季節になってきました。
温かくなると、よく飲むのがアイスコーヒーです。
カロリーを気にして砂糖やガムシロップを使用せず、
ブラックで飲むか、ミルクを入れて飲むかしています。

果糖という甘味料があります。
果糖は、砂糖よりも甘みが強く、水に溶けやすい性質を持っているそうです。
甘みが強い分、使用料は少なくなるので、カロリーを低減させられるというメリットがあるようです。果糖なら、多少はカロリーを気にせずに済みそうだし、水に溶けやすいということだから、アイスコーヒーに使いやすそうだと思いました。

果糖が砂糖よりどれくらい甘いかというと、低温時の比較で約1.5倍だそうです。
果糖を使う場合は、砂糖の使用量の2/3にするとちょうど良いようです。

砂糖とは、味の違いもあって、果糖は後に引かないすっきりとした甘さが特徴だそうです。しつこくなさそうなので、暑苦しい夏に使ってみたいと思いました。
アイスコーヒーもそうですけど冷たいドリンクや、ゼリーなどの冷たいデザートに良さそうです。果糖を扱っているカップ印マーケットのサイトにある果糖を使ったレシピにも、みかんゼリーローズヒップゼリーが紹介されていました。

カップ印マーケット

果糖

紹介されているレシピの中に、すぐにでも作ってみたいものがありました。
グレープフルーツサワー紫蘇ジュースです。
グレープフルーツサワーは、皮と薄皮を剥いたグレープフルーツに、
リンゴ酢と果糖を加えて3日ほど置いておくと、出来上がるという何ともシンプルで簡単なものです。これからの暑い季節に炭酸水や焼酎で割って飲んだら、良さそうです。
もう一つの紫蘇ジュースは、子供の頃、夏に田舎で祖母に作ってもらったことのある、とても懐かしいものなんですが、しばらく飲んでいないので飲みたくなってしまいました。酸味と甘味が相まって、おいしいんですよね。飲むと、スッキリします。もしかすると、祖母も、果糖を使っていたのかもしれませんね。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの紹介です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1195-a0545442

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。