FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン・家電の全国無料処分のパソコンファーム。 

パソコンを処分する時に、粗大ごみで出してはダメです。

2003年に施行されたパソコンリサイクル法によって、
メーカーにパソコン処分の義務が課せられました。ユーザーは、パソコン購入に際して、
回収再資源化料金を上乗せしたお金を払います。こうした手続きの下、購入したパソコンには、
リサイクルマークが貼られています。貼られていない場合は、処分に際し、
料金を支払う必要があります。メーカーに連絡をして、処分料金を支払い、
入金確認してもらって、パソコンを送って、処分してもらうという流れですが、
このように面倒くさいです。

使わなくなったパソコンを資源として、有効活用されることは、
大切なことだと思いますから、協力することもまた、大切なことだと思いますが、
もっとシンプルにできないものなのかと思います。

パソコン廃棄

メーカーではないパソコン処分があります。パソコンファームを利用します。
同じようにパソコン送りますが、こちらは処分料の支払いはなく
ただパソコンを梱包して送ればいいんです送料のみ、自己負担になりますが、
パソコンやディスプレイなどを送料のみで引き取ってくれますから、安いものです。

どうして無料なのか気になるところですが、
金属資源価格が高騰しているので、廃棄パソコン内部に残るこれらの資源を抽出することにより、
無料処分ができているそうです。金属資源のみならず、再利用できるものは再利用し、
プラスチック部分は、再生プラスチックとして生まれ変え、利用しています。

パソコン処分

もうひとつ、気になることですが、
どんな方法であれ、パソコン廃棄するときに、注意したいのが、
ハードディスクのことです。個人情報が残ったまま捨てようとは思えません。
自分で出来うる限りのことをして、データを消すのは、自己責任として当然だと思いますが、
それだけでは不安な人も多いはず。
ハードディスクがどのように処分・再利用されるのかが、
わかりませんから、しっかりデータ消去作業をしてもらいたいのですが、
パソコンファームでは、全て物理的破壊強磁気によるデータ消去を行っているそうです。
「データの流出は一切ございません」と書かれていますから、
これで大丈夫だと信じます。
心配な方は、実際にデータ消去作業を見て確認することができるそうですが、
それが難しい人は、写真付きのデータ消去証明書を出してもらうこともできるそうです。

個人的には、ハードディスクの消去作業が信用できるものなのか、
納得できれば、パソコンファームにをお願いしたいと思いました。
物理的に破壊か磁気での消去をしてくれるので、
これで、納得するしかないと思いました。正直、これら以外の消去する方法が
自分ではわかりませんから、十分な対応だと思います。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの紹介です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1151-f5b1c130

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。