FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電報をおくりたいけれど、どうすればいいのか。『ほっと電報』で思いを伝えよう。 

友人の結婚式に参加できないから、お祝いメールをおくる。
そういう方がいるかもしれませんが、それはあまりにも味気なく、寂しいと思うんです。

電報って、ハッキリ言って、古臭いイメージがあります。
けれど、昔からあるものですから、お祝い事には電報というイメージもあり、
出席できない時には、電報を送ることが一つの形式として、成り立っていると思うんです。
出席できないなら、代わりに電報を送るのが礼儀とまでは、言い切りませんが、
これくらいのことは、しておいた方が、いいんじゃないだろうか、
出席できなくて残念と言う気持ちを、伝えることができるのではないかと思うわけです。

電報をおくるのは、面倒くさいんじゃないか、どうやって送ればいいのか、
分からないことがあると思いますが、そういうことがケアされているサービスがあります。
ほっと電報です。


ネットで申し込むことで、電話でよりも料金を抑えることができます
ネットということで、実際に紙に印刷されたイメージを確認してから送れます。
また、大事なメッセージですが、突然だとパッと思い浮かばないことがあると思います。
そんな時は、文例集から選択することができます。文例集を見本にアレンジを加えるというのも、
妥協点としては、納得できる範囲ではないですか。
24時間いつでも申し込めるのも特徴です。配送状況の確認もできるのも便利ですね。

電報の種類も豊富なので、おくる相手やシーンに合わせて、
フォーマルなもの、カジュアルなものを選べると思います。
刺繍が施されているシックなもの、プリザーブドフラワーで彩られている華やかなもの、
かわいらしいぬいぐるみとセットのものなど、あります。



電報というと、お祝い事だけでなく、お悔やみの時にも送られます。
この場合、慌てているので、文章に困ることがあると思います。

「ほっと電報」では、弔電文が約80種、用意されています。
また、14時までのお申込みで、当日配送に対応できるそうです。
急を要するお悔やみ電報ですから、送る側が到着を予想できるのはいいですよね。
ネットで配送状況の確認もできますから、届いただろうかと、そわそわ心配しなくて済むのは嬉しいですね。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからの紹介です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoityokinbako.blog61.fc2.com/tb.php/1141-a8d3ffea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。